GUIDE
観戦ガイド

バレーボールをもっと楽しむために
ウルドくんが詳しく解説!

※Vリーグ特別ルール含む

試合時間はどのくらい?

試合時間はどのくらい?
1セット約20分前後です。ストレートで終了する場合は約1時間半前後。フルセットだと2時間半が目安となります。セット間にはマッチコートでチアリーダーやマスコットのパフォーマンスなどがあり、試合以外の楽しみの一つになっています。

何点取れば勝ち?

何点取れば勝ち?
1試合は5セットマッチで、先に3セットを獲得したチームが勝者となります。第1セットから第4セットでは、25点を取ったチームが当該セットを獲得します。24-24の同点になった場合はデュースとなり、どちらかが先に2点リードを奪うまで試合は続けられます。最終の第5セットは15点マッチで行われます。

試合会場では
何か催しがあるの?

試合会場では何か催しがあるの?
試合会場では、ホームチームが様々な趣向を凝らしてお客様を迎えます。例えば選手のサインボールの投げ入れ、限定クリアファイルのプレゼントなどのほか、引退選手による特別試合や、ミニFMラジオ放送による試合解説、試合終了後の選手によるお客様の見送りなど盛りだくさん!

観戦時のオススメの席は?

観戦時のオススメの席は?
サイド席はコートを横から見るので全体の流れが見やすいです。エンド席は迫力のあるサーブを間近で見られるほか、セッターのトスの軌道がわかるなど試合展開が見やすいです。また、ネット越しに選手の表情を見ることができ、選手と同じ目線で試合に参加している気持ちも味わえます。

選手のポジションを教えて!

選手のポジションを教えて!
アウトサイドヒッター(OH)、ミドルブロッカー(MB)、オポジット(OP)、セッター(S)、リベロ(L)の5つに分けられます。前衛のアウトサイドヒッターとミドルブロッカーは、それぞれ後衛の対角に同ポジションの選手を置くのが基本です。セッターはオポジットと対角を組みます。

ネットの高さは?

試ネットの高さは?
男子は2.43m、女子は2.24m。男女のネットの高さには約20cmの差があります。男子の中には最高到達点が3.5mを超える選手もいて、ネットを1m以上も上回る高さからスパイクを打ち込んでいます。ちなみにスパイクの最高速度は時速130km(地上最速の動物チーター並みの速さ)と言われています。

オポジットとリベロがよくわからない!

オポジットとリベロがよくわからない!
オポジットは直訳すると「反対」の意。セッターの対角(反対側)に位置することからこの名が付けられました。攻撃専門でサーブレシーブをせず、後衛にいるときも常にバックアタックに入ります。逆に守備専門の選手がリベロ。1人だけ違う色のユニホームを着用し、スパイクを打つことができません。
ページトップへ